勤怠管理の必需品!タイムカードアプリを効果的に使おう

タイムカードアプリを使いこなすには

タイムカードアプリは、スマホやパソコンがあればどこでも使用できるため、内勤の社員はもちろん、外回りの仕事が多い営業担当者もスムーズに勤怠管理ができるツールとして関心が集まっています。また、官公庁や一般企業の間で普及しているタイムカードアプリの中には、出退勤や残業の時間などを適正に管理できるだけでなく、人事評価のために活用できるものも増えています。そこで、タイムカードアプリの導入を決めるうえで、各企業の実態や従業員の人数、労働時間などを考慮しながら、余裕を持って製品選びをすることがおすすめです。また、タイムカードアプリの機能を快適に使いこなすために、研修の機会を利用して、一人ひとりの社員にしっかりと使い方を覚えさせることも重要です。

給与計算のシステムが搭載されたタイムカードアプリ

数あるタイムカードアプリの中でも、給与計算に役立つ一通りのシステムが搭載されているものは、企業内の経理担当者の業務の効率アップにつながる優れモノとして高く評価されることがあります。特に、社員数の多い大企業においては、給料日の前に経理担当者の残業時間が長くなったり、他の業務に取り組むことが難しくなったりすることが珍しくありませんが、タイムカードアプリを導入することで、短期間のうちに必要な作業を完了することができます。また、企業内のコンプライアンスの徹底や残業代の未払いなどのリスクに備えるために、なるべく大画面で操作ができるタイムカードアプリを選ぶと良いでしょう。

タイムレコーダー アプリとは、時間を測かり記録することのできるアプリのことを言います。また、アプリよっては様々な機能が付加されていることがあります。