社員研修で教えること!ポイントをできるだけ絞る!

社員研修で学べることは多くない

社員研修は時間が限られているため、学べることは多くはありません。そのため時間内にどのようなことを学んでもらうかが重要になります。1つの技術、1つの分野、1つの考え方などがいいです。研修で色々と学んでほしいからといって、内容を盛り沢山にしてしまいがちです。しかし、内容が多いと受講者がついていけず、何も身につかないということが起こりえます。そうではなく、研修が終わったあとに何か残るものがあることが大事なのです。

ポイントを絞らないとボヤける

ポイントは研修の内容次第ですが、絞っておいた方がいいです。確実に覚えて欲しいこと、できれば覚えて欲しいことなどのようにランク別にすると分かりやすいでしょう。ただ、人間には短時間で覚えられる能力の限界がありますので、多すぎると何も記憶できないということもあります。そうならないように、ポイントを出来る限り絞ります。例えばマナー研修は、言葉使い、挨拶、文章の書き方など多岐にわたるものです。しかし、1日の研修でそれら全てを網羅するのは難しいですし、受講者が覚えられる量ではないでしょう。そこで特に大切な部分を選択して、研修で教えることが重要になります。

1つのことに集中してもいい

社員研修では広く浅くよりも、深く狭くを目指して行った方がいいです。長期間かけて行う研修であれば、広い知識がしっかり学べることがあるでしょう。しかし、短期間しかないのであれば、1つのことに絞った方が効率的です。それであれば、何も身に付かないという可能性は低くなるでしょう。1つの技術を身に付けばいいという研修内容にすれば、ほとんどの人が覚えて帰れます。

マネジメントゲームとは、従業員の教育を目的として作られたゲームです。ゲームを通じて会社経営を疑似体験することにより、従業員のスキルアップを図るのが狙いです。