非上場株式はどうやって評価する?自社株式の評価を下げる方法は?

非上場株式の評価方法を知る

株式投資をするとき、株価などをチェックします。株の取引ができるのは株式市場に上場している株になり、上場していない非上場の株は直接売買などをするしか手に入れられません。評価の方法にも決まりがあり、自由に決められるわけではありません。中小企業の経営者が自分の子供やその他の人に事業承継するとき、株式の譲渡をするかもしれません。非上場株式は日常的に取引されている株価がないため、贈与や相続などの時には一定の評価方法で計算した価値を基準にします。非上場の会社の中でも、大会社か、中会社か、小会社か、さらに仲介者の中でも大中小の区分があり、その区分が変わると評価方法も変わります。少しの変化で引き継ぐ資産が変わるので、事前に自社がどれに区分されるか知っておく必要があります。

自社株式の評価を下げる方法を知っておく

上場している会社であれば、株価をいかに上昇させるかを考えるかもしれません。株価が上がるほど資金調達などがしやすくなり、優秀な社員が来てくれたり、取引が有利になるなどがあります。では上場していない会社はどうかですが、基本的には株価を意識はしません。ただ事業承継をするとき、後継者に株式を渡すのであれば一定の手続きをしなければいけません。贈与の時には評価額が高くなるとそれだけ税金を払わなくてはいけないからです。そこでしておくのが自社株式の評価の引き下げです。類似業種批准価額と純資産価額によって決まるケースが多いですが、少ない方がより多く算入されるようにします。その他純資産価額そのものを下げて評価を下げる方法もあります。

事業承継とは自分の育てた会社あるいは事業を親族若しくは第三者に譲り渡すことであり、経営者にとって一つの大きな節目となります。