タイムカードアプリの活用法!勤怠管理から給与計算まで!

勤怠管理の情報から勤務形態を見直す

紙のタイムカードでは打刻はできますが、勤怠管理のためのデータを簡単に収集することはできません。情報を収集するためには、紙から情報を読み取って書き出して、データとして使える状態にする必要があります。しかし、タイムカードアプリでは打刻した時間から、簡単にデータを取り出すことができるのです。そのデータから、勤怠に関する貴重な情報を読み取ることができるでしょう。そのような情報を収集することで勤務形態を見直すことができます。出勤時間や退勤時間から、残業を誰がどの程度しているかまで把握することができ、その情報から勤務について見直すことができるでしょう。また、屋外での打刻も可能になっていますので、直行直帰のときにもタイムカードアプリは非常に役に立つものになっています。位置情報からどこにいたかということが分かるからです。このように遠隔管理という活用法もあるのです。

給与計算が簡単にできる

給与計算が簡単にできるという活用法があります。タイムカードと給与計算のアプリがつながっている場合がありますので、タイムカードの情報から給与計算ができます。残業代などを計算する手間が省けるという点はメリットになるでしょう。有給休暇や基本給などの情報が反映されていれば、そこから時間外手当などを上乗せして給与計算をしてくれます。給与計算に時間をかけていた企業ではタイムカードアプリがあれば、経費削減につながります。給与計算はアプリに任せて、確認をする作業だけを人間の手で行えばいいのです。

勤務状態を打刻する、タイムカード。これを電子化したのが”タイムカードアプリ”です。雇用者は電子化により集計にかかる時間を減らせますし、労働者は自身の労働状況を記録し交渉等の根拠として活用できます。