企業買収を行う場合に注意すべき点と全体の流れ

M&Aを行う際に気を付けるべきこと

企業経営者にとって自社のビジネスを一気に拡大することのできる手法の一つがM&Aです。M&Aとは、合併や買収をまとめた用語で、他社のビジネスを自社に取り込むことによって一から育てるよりも短時間で成果を上げることができる点が魅力です。もっとも、手当たり次第会社を買収すればよいかというと話はそう簡単ではありません。自社に足りない部分が何であるのかを正確に見極めて、そこを補うだけのキャパシティを有する企業を買収するのではなければ、コストだけ支払って得られる利益がごくわずかといった事態に陥りかねません。従って、M&Aをおこなおうとする場合には事前に自社の状況を正しく把握しておくということが何よりも重要となります。

M&Aの進め方とは?

では、具体的にM&Aを行う場合にどのように進めればよいのでしょうか。この点、買収対象が既に決まっている場合には、直接アポイントを取って買収を打診したり、専門の投資銀行などを雇って間に入って交渉してもらうといったことが考えられます。買収に慣れている場合には前者でも構いませんが、そうでなければノウハウを有する専門家に依頼した方が無難です。相手方が交渉に応じる気配であれば、具体的に買収金額や買収条件を詰めていくことになります。その際、会社の状況を正しく理解する必要があることから、多くの場合は弁護士や会計士、税理士などの専門家を雇ってデューデリジェンスといわれる調査を行うことが一般的です。そのうえで、判明したリスク要因をもとに契約条件を詰め、無事に合意に達すれば契約締結という流れになります。

M&Aとは、ある企業が、別の他の企業を統合して一つになること言います。買い上げることを買収といい、既存の株主に株式を交付して、統合すること合併といいます。