社内コミュニケーション発展になる?社内SNS

社内SNSで何ができる?

社内SNSはご存知でしょうか。社内の仕事の連絡や、アンケートにおいて、コミュニケーションツールとして使われています。これまではメールやインターネット、直接のやりとりで行われていたものが、チャット形式で行うことができるので、便利な機能として多くの企業に活用されています。企業によっても違いはありますが、チャット形式のコミュニケーション、資料の共有、社内情報伝達、アンケートをSNS上で行われる機能が付いていることが一般的です。

社内SNSはコミュニケーションしやすい?

社内SNS導入の理由としては、簡単に情報を共有でき便利だから、だと思います。SNSの特徴としては、自分の投稿、共有した情報が全員に知れ渡る事です。もちろん機能として、公開制限やグループ作成も備わっている事もあります。しかし、「SNS疲れ」という言葉があるように、苦手な人もいるかもしれません。どのように、コミュニケーションツールとして使っていくのかが大事になってきます。

社内SNS利用にて気をつける事

コミュニケーションツールとして実際活用する際、気をつけるべき事があります。それはSNSという身軽さです。簡単に投稿できてしまう分、社内に不必要な内容、不適切な内容を投稿してしまうと、途端に社内に広がってしまいます。また、それが機密事項だった場合、いくら社内SNSとはいえコンプライアンスに関わってくるかもしれません。また、社内はSNS制度なので問題ありませんが、職種によっては社外のお客様にメールをする機会もあるでしょう。SNSを使い始めると社内事はSNSで済んでしまうので、ビジネスメールを意識していないかもしれません。社内SNSでも常に仕事だという意識を忘れないようにしておけば、問題ありませんね。

社内SNSとは、その名の通り会社内でのコミュニケーションを円滑にするためのソーシャルネットワークサービスです。導入することで、社内メールのような煩雑なやり取りを簡易化する効果があります。