自分で行う青色申告のやり方。青色申告って難しいイメージがありますよね。

確定申告の必要があるのはどんな場合だろう。

会社員の方は、基本的には会社の方で税金を調整してもらえるので、確定申告をする必要がありません。
対して個人事業者や、会社員でも副業で20万円以上の収入が有ったり、2か所以上から給与を受けていたり、2000万円以上の給与収入が有る場合などは確定申告をしなければなりません。
また確定申告には青色申告と白色申告の2つの種類があります。

青色申告と白色申告の違いってどこかな?

確定申告を行う場合の原則的な申告方法は白色申告です。
申告する場合に一定の基準を満たしていれば青色申告が認められます。
税制上の優遇を受けられる青色申告の方がお得ですが、税務署長から認定を受けなければならない為、手続きが面倒になるデメリットがあるんです。
そんなに収入が無かったりする場合なら、手続きが簡単な白色申告を選ぶ手もあります。
また、不動産所得や事業所得、山林所得がある場合は青色申告になります。
青色申告は10万円や65万円の控除が認められる事があるので、節税するなら頑張って青色申告してみましょう。

青色申告の仕方ってどうすればいいんだろう?

青色申告をする場合、次の手続きが必要です。
所得税の青色申告承認申請書と個人事業の開業・廃業届出書を税務署に提出する。
確定申告時に確定申告書B、青色申告決算書。(必要があれば各種控除を証する書類)
なんだかとても面倒な感じがしますね。
手続きを出来るだけ簡単にするために、現在では様々な会計ソフトが開発されています。
確定申告は毎年行わなければならないのでそういった会計ソフトを導入するのもいいでしょう。
また、申告者の負担を減らすために国税庁が運営するe-Taxもあります。
インターネットで確定申告書の作成や提出、納税が出来るので活用してみましょう。

青色申告とは、確定申告の方法のひとつです。白色申告と比べて、事前申請が必要だったり帳簿付けが難しかったりしますが、特別控除があるため税制面で優遇を受けることができます。