やることたくさん!引っ越しするときに気を付けること

業者や日にちで値段が変わる?見積もりをとろう

引っ越しが決まったら、まずは業者に見積もりをとりましょう。その際1社で決めてしまわず、何社かの見積もりを取った上で決めた方が良いです。業者によって付帯サービスが異なるので様々な点を比較して引っ越し業者を決めます。また、引っ越しする日付けによっても値段が変わります。特に3月や年末といった繁忙期は土日祝日よりも平日に引っ越しを行うと料金を抑えることができます。あまり知られていませんが、六曜によっても引っ越し料金が変わることがあります。引っ越しに不向きな「仏滅」や「赤口」を選ぶと安くしてくれる業者もあります。

使わないものから効率よく!荷造りの方法

引っ越しが決まったら荷造りにとりかかります。引っ越しの2週間前から始められると良いですね。まずはシーズンオフのものから詰めます。洋服やくつなどはこれを機に断捨離してみるのも手です。その次に使用頻度の低いものから順に詰めます。食器は数も多く一枚ずつ新聞紙でくるむとなど手間がかかります。一日でやろうとせずに、使わないものから順に少しづつ荷造りをしましょう。そして、最後に毎日使っているものを詰めます。携帯電話の充電器や最低限の食器、調理器具、トイレットペーパー、はさみとカッターなどは新居についてもすぐ使うのでほかの荷物に紛れてしまわない様に気を付けましょう。

挨拶や手続きを忘れずに

荷造りと並行して転出届けを出します。忘れてはいけないのは、旧居での挨拶です。引っ越しの日には迷惑をかけることもあるので、前日までに近所への挨拶をすませましょう。新居に引っ越した後も近所の人への挨拶や転入届けや住所変更などやることがたくさんあります。リストアップしてやり残しのない様にしたいものです。

大型家電・家具・ベッドといった不用品の回収は、処分場に持ち込みが出来ない場合は2トン以上のトラックに来てもらう事がおすすめです。