営業代行の二つのパターン!アウトソーシングが良い?

営業代行のトレンドはアウトソーシング

営業力が不足している企業や、抜本的にマーケティング手法を考え直さなければならない局面に立たされている企業では営業代行の活用が進んできています。ベンチャー企業を立ち上げる際にビジネスパートナーとして営業代行業者と提携するケースもよく見られるようになりました。その主な目的としてトレンドになっているのがアウトソーシングです。営業そのものを全て任せられるのがアウトソーシングの魅力であり、企画から実行、分析から結果報告に至るまで一通りを担ってもらえます。実質的には社内に営業部隊を用意しなくて良くなるため、アウトソーシングをすると社内の人件費を削減することが可能です。それでもノウハウを熟知している業者が大勢の人材を活用して営業活動をしてくれるので高い営業効果を期待できます。

人材確保や人材教育にも活用可能

営業代行を活用して営業力を強化するもう一つの方法としてよく用いられているのが、業者の人材を若干名借り受ける方法です。人材派遣を利用して一定期間だけ営業部隊の中に参入してもらい、バックアップをしたり企画をしてもらったりして営業力の底上げを行うのが典型例となっています。また、人材を派遣してもらってセミナーを実施してもらうことにより人材教育を行うというのもよくある活用方法です。定期的に教育研修として優秀な講師に来てもらうだけでも営業力の増強は可能なので、社内で営業を担当する人材を確保しておきたい場合にはこのような活用の仕方が合理的でしょう。

人工知能の発展がめまぐるしい現代では、人工知能に頼った営業代行というものも行われています。人間の仕事を少しでも減らすことができます。